カヴァス・ナベラン、歴史に残る遺産

歴史

世代を超えて、ナヴェランは職人的で家族的な個性を維持してきました。

ナヴェランの名前の由来は、1840 年に製紙工場で働いていたパブロ・パレリャーダが当時の公用
紙に使われていた紙糸の代表としてブエノスアイレスに航海したことに始まります。
数年後、アメリカで稼いだ財産を持ってバルセロナに戻った彼は、ゲルニカ侯爵オノフレ・デ・
ナヴェランを訪ね、長女との結婚を受け入れます。結婚した彼はブエノスアイレスに戻ります
が、その結婚生活は黄熱病に感染し、妊娠中の妻の命を奪ってしまう。妻の死に動揺した彼は、
ブエノスアイレスの財産をすべて売却してスペインに戻り、娘の死を義父に伝えました。義父は
末娘との結婚を提案しました。
パブロ・パレラーダ・デ・ナヴェランはこの結婚から産まれ、アントニア・オリベと結婚しまし
た。この結婚から娘アントニア・パレリャーダ・デ・ナヴェランが産まれ、唯一の息子ミシェ
ル・ギリェロン・パレリャーダ・デ・ナヴェランのいるレネ・ギリェロンと結婚します。
このようにして、カヴァス・ナヴェランは、ペネデスの土地の偉大な愛好家であり実業家、ワイ
ン醸造家でもあるミシェルによって、1984 年に設立されました。彼は、彼のカヴァが常に持って
いた職人的で家族的な性格を維持したいと考えていました。

哲学に忠実に

私たちの畑は 110 ヘクタールの面積を持ち、ワインとカヴァの生産に理想的なアルト・ペネデス 地方の中心部に位置しています。

ナヴェランとは、ブドウ畑を耕し、最大限の努力と持続可能なブドウ畑での労働によって作られ
るブドウをマイクロ・ヴィニフィケーションを用い独自の職人的なオーガニックワインやカヴァ
を生産することに専念している家族の名前です。
ワイナリーはアルト・ペネデスの中心部にあるカン・パレリャーダ農園(トレラヴィット)に位
置しています。ワイン生産者であり、ブドウの栽培農家であり、ワイン醸造家であり、ブドウの
生育と品質を常に監視理、自分たちで栽培したブドウ品種を使って革新的なブレンドを行ってい
るという事実が、この地域の既存の多くのワイナリーとは一線を画しています。

ナヴェラン、オーガニックワイン&カヴァ

農薬や除草剤を使用せず、有機肥料を利用し、過度の雨が降った場合には収穫の品質を保証する ためにブドウを摘果します。

先祖代々の職人の哲学を忠実に守り、ブドウの木の成長と品質に細心の注意を払い、完璧な熟度
を保証するために果実の一房ずつにも気を配っています。そして最高の品質を追求する中で、革
新的な取り組みも行われています。
ナヴェランでは、自社のブドウを使い、最高品質の製品を生産することを使命とし、畑、ワイナ
リー、地下セラーから、独自の「テロワール」を持つオーガニックワインやカヴァを生産するこ
とにこだわりを持ち続けたいと考えています。

¿Quieres estar al día de todo lo que pasa en Naveran y aprender sobre vino y cava?¡Suscríbete a nuestra newsletter mensual!